湖について ボートとタックル 釣るためには ご予約の前に 最近の釣果

トップで釣る方へ

まず、ここではトップという言葉をみなさんが愛好するトップと、通常使われるトップと分けてお話しいたします。前者は“特トップ”、後者は”一般トップ“と勝ってに表現します。

わたし個人も”特トップ”での釣りが好きです。ご存知の通り、釣果よりもスタイル(道具)を優先しますので、難易度が高く、それでいて単純明快、そして、釣り場への影響が小さく、人間側のハンディキャップが大きい。心に余裕をもった人しか楽しむことができない釣りです。ぼくは”特トップ”の中でも釣れるとわかったルアーは使う頻度が減ってきます。なるべく釣れなさそうな(ラージマウスは釣れても、ピーコックバス向けではない)ルアーを好んで投げます。

まあ、自分のことはどうでもいいのですが、結論からいうとハワイのピーコックバスも“特トップ”での釣果は日本でラージマウスバスを釣る場合とおなじようなものです。1日投げて5バイト、1、2尾釣れるという程度です。ピーコックバスは“一般トップ”によく反応する魚ですが、なぜ“特トップ”には反応しづらいのか?それは食性と関係していると推測します。これからそれについて長々と能書きをたれてみます。

ピーコックバスは魚しか食べません。甲殻類等は食べません。ですから小魚がだす要素、水面の水の動きとウロコの反射、そしてサイズに特に強く影響されます。ウィルソン湖の主なベイトフィッシュは5cm前後のシャッド(コノシロの仲間)です。シャッドはアメリカでは一般的なベイトフィッシュで、沖に群れを作る魚です。動物が群れを作るのは防御の一つの方法です。ボートなどが近づく音でビックリして群れが散るときや、群れから外れてしまう魚など、なんらかの隙をきっかけに、それまで群れの周りで捕食のチャンスを待っていたピーコックバスの群れがいっせいにシャッドを追い始めます。こういう状況ではベイトフィッシュが表層を逃げる引き波、逃げ回る飛沫、ヒラ打ちの反射に強く反応します。または本物の魚しかだせないなんらかの要素に反応しているときは何を投げても反応しません。ボイルしている魚をルアーで釣る場合は当然、そのとき反応している要素にあわせたルアーで、さらにそれにあうアクションを与えます。”Match the bait"です。最も餌らしくないルアーである“特トップ”にはなかなか反応しません。つまり、お嬢さん系が好みなのに、でてきたのはケバケバしい大柄の女だったようなものです。“一般トップ”でも魚の興奮が最高潮に達している瞬間、つまり捕食した直後に捕食地点に落とすことが釣果をあげるカギです。

それでは”特トップ”で楽しむにはどうしたらいいか。 比較的自然な水の動きを作るペンシルベイトを中心に、ボイルではなく、岸沿いのカバーを釣ることをおすすめします。 ルアーは必ず、倒木などのカバーの最奥にタイトに入れます。太いラインで、重く、ダブルフックを付けた“特トップ”は根がかりのハズシやすさが一般のルアーよりも優れた点です。どんどんカバーの奥に投げ込めます。

ルアーが着水した瞬間に魚はルアーを見て、最初の数アクションで反射的にバイトします。当然、ルアーによって反射の良し悪しはありますが、基本的にはルアーが大きかろうと小さかろうと、どんな形をしていようと反応します。その瞬間は反射であり、ベイトフィッシュがもつ要素とバイトの関係は薄くなります。着水後、ポーズをとったらもうバイトの確率は落ちていきます。簡単に言えば、突然、水面に落ちてきたものに対して魚は興奮状態に入る。間髪を入れずに動くルアーに興奮が一気に爆発点まで達しバイト。ピーコックバスの釣りは魚をいかに興奮させるかです。この「興奮させる」ということを感覚的に理解できると釣果があがります。具体的にはルアーが着水後、ルアーのすぐ下まで浮き上がってきたピーコックバスが見える。このわずか数秒の間にルアーを動かさなければ、ピーコックバスはもといた場所にもどっていきます。最初の興奮が持続するのはおそらく5秒程度です。この5秒間にルアーを激しく動かすとさらに興奮が高まり一気に爆発点まで達しルアーを襲います。

ちなみに"一般トップ"やほかのルアーの場合、着水時の興奮が低い場合でもしばらくルアーを追跡して、 その間に興奮が高まりバイトしたり、ボート際で回収のために一気 にルアーのスピードが上がったことをきっかけに興奮が爆発しバイトという場合があります。ベイトフィッシュのもつ要素とかけ離れた要素を持つ“特トップ”の場合、ピーコックバスの興奮はルアーを見ればみるほど冷めていきます。

“特トップ”で楽しみたいが、ボウズが怖いという方へ。

ウィルソン湖での典型的な1日は朝ボイルを探して釣る。ボイルは早朝から起こることがほとんどです。30分で終わる場合もありますし、4時間続くこともあります。ボイルがなくなったら岸沿いのカバーを釣っていきます。

ボイルの時間はこちらでご用意する一般的なタックルで“一般トップ”を投げて確実に釣って心を落ち着かせる。ボイルがなくなったら“特トップ”で岸沿いのカバーを釣って楽しむ。またはボイルも小さめの“特トップ”を選んで釣ってみる。

一般的な釣りをするタックルは常にボートに積んでありますので、いつでもお使いいただけます。 特トップだけで一日通すか、特トップと一般的な釣りを分けて楽しむかはお客様次第です。


  PHONE 808-722-5441
 

ハワイのピーコックバスフィッシングガイドサービス

Copyright(C) OUTDOOR QUEST HAWAII, INC. All Rights Reserved